効果的なコウモリ撃退法

subpage1

日本で家に棲みつくコウモリは、アブラコウモリという種類です。
このコウモリは身体が非常に小さく、頭からお尻までの長さは4センチから6センチほど、体重は5から11グラムほどしかありません。

そのため、1.5センチほどの狭い隙間にも入り込むことができ、屋根瓦の下や戸袋の中、天井裏や換気口などを住みかとしています。



コウモリは蚊などの害虫を食べるため、益獣である反面、家屋に棲みつくと糞や尿の落下による汚染やダニの被害などもあるため、そのような場合にはコウモリ撃退法を講じる必要があります。

朝日新聞デジタルの情報が必ずあります。

コウモリ撃退法は、まずは市販の忌避剤などを使ってコウモリを追い出した後、コウモリの侵入経路となる隙間を一つずつ埋めていくことです。
忌避剤にはスプレー式やジェル状のもの、錠剤のものなどがあります。ジェル状のものは、比較的効果が長く持続します。

隙間を埋める際には、パテや金網などを使います。


ネズミの侵入を防ぐためのパテや金網も市販されているので、それらをうまく利用すると便利です。



コウモリは夜行性で、夕方から夜にかけて外に飛んでいくことが多いため、そのタイミングを見計らって忌避剤の散布や隙間の穴埋めを行うようにします。

また、7月から8月ごろにかけては繁殖期となり、対策が難しくなるため、その時期は避けるようにします。


コウモリ撃退法をご紹介してきましたが、一般の人が対応するのは難しい場合もあるため、そのような場合には専門の業者に頼むのが良いでしょう。