いろいろあるコウモリ撃退法

subpage1

屋根裏などの暗い場所にコウモリが棲みつくことがあります。
蛾やユスリカなどを捕食するために益獣として考えられますが、糞尿により不衛生な環境になることもあり撃退が必要となることもあります。



ただし捕獲して処分すると鳥獣保護法違反になるので注意が必要です。コウモリ撃退法としては、忌み嫌うものを使って出て行ってもらって二度とこないようにすることです。

まずは出て行ってもらう必要があるので忌み嫌うものを用意します。簡単なものでは蚊取り線香や線香などの煙で燻し出す方法です。住み着いている部分に煙が行くように炊いていきます。人間には無害ですが煙がきになるようであれば、ハッカなどで作られたコウモリ専用の撃退スプレーを使うことも効果的です。
成分が人には影響しないため安心して使うことができます。このような方法で住処から完全に追い出します。
次に行うべきコウモリ撃退法は、二度と戻ってこないようにすることです。

日本経済新聞のことならお任せください。

一度追い出した後で近づけないように細工をします。


コウモリは超音波で距離を測りながら移動するため、それを利用した細工を使います。

方法としては磁石などで位置を狂わせたり、超音波を発生する装置を置くことです。
特に超音波を発生させる装置は直接的に作用するため効果が高いとされています。

そのほかにも安価でできるコウモリ撃退法はいらなくなったCDやDVDを吊るして置くことです、超音波の反射を乱すことで正確な位置を把握できないようにして混乱させます。